読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒猩々の家的遊戯

エンジョイチンパンパッド勢。

ストリートファイターⅤ PS4版 レビュー

 浅瀬でちゃぷちゃぷ楽しんでいるエンジョイ勢ながら、色々なものが廃れていくのは悲しいので、どうにかこうにかネットの海のどっかに引っかかって、作品の名前がこの先ずーっと残ってくれないかなと思い立った次第であります。




 というわけでブログを始めてから最初に紹介するのは、PS4、PC機種にて「2016年2月18日」に発売された、言わずと知れたストリートファイターシリーズの現行最新作でございます。
 僕は今年に入ってからPS4版を入手しました。ダウンロード版もありますし、入手に困ることはないでしょう。中古なら4千円くらいで手に入るんではないしょうか。



 起動してすぐにチュートリアル挟まれて、そいつをスキップしたら

f:id:sukune99:20170411215001j:plain
(※SSを撮ったのは購入直後ではありません)

 こういうメニュー画面が出現してくる。画像では分かりづらいかもですが、文字も小さいしパッと見何がどうなのか分からなくて困惑。直感的に操作しづらそうで、正直、この時点で買って失敗したと思った。
 更に言えば、発売当初は様々な機能が解禁されておらず、未完成品を叩きつけられたと怒り狂う購入者がおったそうな。僕も発売日にそんなザマなら流石にそうなりそう。

操作感はどうか

 僕は新しい格ゲーを入手したら、最初にトレモに入ってきゃっきゃと触りまくって満足するタイプです。ネット対戦はあった方が便利ですが、オフラインでも対戦相手はいるので、なくても特に困りません。
 というわけで最初に軽く触ってみましたが、ストレスはなかったです。ノーストレス。ゼロと言ってもいいくらい気持ちいい感じでキャラが動きますし、出したいなーって時に技が出ます。前作をやってたので勝手に目押しコンしようと狂ってましたが、先行入力ガンガン利くことに気づくまでずっと戸惑ってました。動かしていて妙な固さとか、そういうものはなかったように感じました。

一人用

トーリー

 このシリーズに過度の物語性を期待している人は少ないでしょうが、それにしてもつまらなかったです。一人用のストーリーモードはキャラごとの短いもの(アーケードモードではない)と、ダウンロードするのに8GBも要する群像劇風味のゼネラルストーリーの2つがあります。
 キャラごとのストーリーは、まあ、もういいです。問題なのはゼネラルストーリー。紙芝居ではなく、キャラクターが一応動いたりするけれど、いやー、根っこの話自体が面白くなかった。盛り上がりとかほとんどなく、ただ流れてるだけ。ちょこちょこCPUと対戦させられるのも特にいい印象は受けなかったです。比較するのはアレだけど、イグザードの方が全然出来がいい。群像劇やるには色々と追いついていないって感じでした。
f:id:sukune99:20170411215004j:plain
 なんだかんだで出張ってくるジュリは可愛かったけど(このアホ面スマイル最高かよ)。

サバイバルモード、トライアル関連

 特に言うことはないですが、ゲーム内通貨(こいつでコスチュームやカラー、はては追加キャラを購入する)を得られるので元気ならやっておくに越したことはないです。

ゲーム内通貨

 前述したように、新規で追加されたキャラクターや、キャラごとのカラー、コスチュームを購入するのに必要になります。普通にシーズンパス(前もってDLC追加キャラ教えて欲しい)とか、ウェブマネー課金したら手っ取り早いんですが、課金に抵抗がある人もいるかと思います。そういう人はストーリーをクリアしたり、サバイバルモードを遊んだり、オンライン対戦でコツコツ稼いでいきましょう。

対戦ツールとして

 開発のコンセプトは「リセット」だったそう。なるほど、スト4とはかなり違う印象を受けました。


 ストⅤは新規参入者、格ゲー初心者におすすめです。「GGXrd」も前作までに比べればゲームスピードはゆっくり目で、チュートリアルもかなり充実していますが、それでも僕は対戦ツールとしてならば「ストⅤ」の方をおすすめしておきます。

 理由は、簡単だからです。
 最初に遊んでいる内は目押しなどの難しいコンボが少なく、複雑な入力も要求されません。慣れてくれば上手い人のプレイも真似できそうですし、再現性が高いのは対戦ツールとしてかなりありがたいです。初心者なら割と早い段階から上手くなったという実感が湧きます(対人戦で勝てるかどうかはさておき)。対戦もすぐにサマになるだろうと思われます。

 その一方、キャラごとに「こうだ」「こうしろ」という行動が多く、左見右見しても同じ動きをする人ばかり。同ジャンルのゲームよりも飽きが早そうです。というか実際、僕は飽きてます。底が浅いとは言いませんが、どこかこう、物足りなさを覚えてしまうというか。

 演出面で言うと、前作のウルコン(超必殺技)のような逆転要素や見栄えするコンボがないのと、気持ちよくなるポイントも少なく、プレイヤーだけでなく、対戦を見ているだけの人(いわゆる動画勢)からすれば地味な印象で終わるかも。

アップデート

 e-sportsとしてプロゲーマーのプロツアーを想定しているらしく、頻度は高くないみたいです。悪く言うとプロゲーマー以外は蔑ろにされている感がありますが。まあ、今でこそアプデとかガンガンありますが、昔のゲームってそもそもそんなもん存在しなかったし、悪いところは直るかもって期待出来るだけマシかもしれないです。「後で直せばいいだろう」って考えが透けて見えるようにも思えるのはアレですけど。

 ちなみに、現在はシーズン2と呼ばれてゲームとしては2年目に。4月末に大型のアップデート、バランス調整を控えている状態です(延期になりました)。めんどくさいのは、アップデートされることで使っているキャラのコンボを練習し直したり、行動を見直さなきゃいけないかもってところでしょうか。

オフラインでの対戦はどうか

 最初の対戦画面に行くまではちょこちょこ入るロードにイラつきますが、スマホゲームでもしながらだらーっとしておきましょう。幸いなことに再戦は早いので、対戦するプレイヤー同士でメインキャラクターを決めていればストレスは最小限に抑えられます。

肝心のオンライン周り

 全然やってないんで分かりません。
 おいマジかよと思われるでしょうが、マジなんですごめんなさい。よくない話は聞いておりますし、いずれ(いつやねん)よくなる可能性はありますが、オンラインでガンガン対戦していきたいって人たちのストレスは溜まる一方でしょう。というかシーズン2なのに熱帯周りに不備があるのはどうなんでしょ。格ゲーの中ではプレイ人口は多いのが救いでしょうか。それ目当ての方は現段階での購入を見送るか、覚悟の上でやるしかないです。

 僕は、オンラインやるなら「よくなったよ」って話を聞いてからにしたいです。ゲームでストレスを溜めるだけの行いに手を出せそうにありません。

個人的に気持ちのいい瞬間

 格ゲーにはこれがないとやってられませんし、続けられません。もちろん個人的にはです。
 演出面や音楽には特に何も感じないゲームなのですが、


ララ

 ララで一生投げ擦ってるの最高ですわ。
 うーん。あとは、クラッシュカウンターの音がギリギリ気持ちいいですかね。今のところクラカンさせたいだけのゲームです。

まとめ

 格ゲーというジャンルを抜きにしても、一人用のゲームとして遊ぶにはボリュームがなさ過ぎます。「ない」んだったら「ない」って言っとけばいいのに、いかにも「ありますよー、考えてますよー」って中学生の作った「工事中」だらけのホームページみたいなのを見せられたかのような気分。気持ちよく騙されなかったというか、未完成品ってイメージは未だに拭えませんよね。

 対戦ツールとしてはさすがに面白いです。オフラインで遊べる(対戦が出来る)環境があるならストレスは溜まりにくいでしょう。僕なんかは数ある格ゲーの内の一つとして、「じゃあ次はこれやろうぜ」って、パーティゲーム感覚で友人たちと遊んでます。

 ただ、やっぱりストリートファイターってシリーズには魅力というか、魔力があります。その名を冠する以上はすごい期待を寄せられるのも無理からぬことです。しっかり遊ばせてくれ、対戦させてくれよって層には物足りなさがあったり、落胆もするでしょう。シリーズをやり込んでいるプレイヤーほど、それは顕著だと思います。だから、やはり格ゲー入門として向いているんじゃないかなあとも。

 こんなところです。アップデートの項目でも触れましたが、もうじき大型の調整も入るみたいなので、僕はその時にまた触ろうかなと思ってます。